Service

film and graphの「3つの特徴」

ブランディングで
効果が出る動画・映像制作

・誰に・何を伝えたいか
・動画を見てどういう行動に移ってもらいたいか

ヒアリングを元にシナリオ考案します。

ドラマティックな編集
テーマに適した映像制作

映画のような綺麗な描写と質感
世界観がある映像を…

シナリオを元に最新の撮影機材で撮影を行います。

完成した動画の運用も
サポート

YouTube等のサイトへのアップロードから、SEO対策での活用方法までご提案し、動画のタッチポイントを増やすお手伝いもさせていただきます。

初めて動画制作をするお客様でも安心してご依頼いただけます

(1)弊社では企画から納品まで代表の髙﨑が全て担当いたします。

全ての作業を一本化することで無駄な時間とコストをカットして映像を制作します。
映画も脚本で決まると言われるように、
映像、動画制作も企画、シナリオで全てが決まります。
カメラを回す私が、スタートからお客さまと向き合うことで
より良い動画を納品することができると考えます。

(2)撮影は少人数チームで行います。

弊社では大所帯の撮影班が時間をかけて撮っていく従来の方法は行いません。
撮影班は私を入れて多くても3人程度です。
事前に企画、シナリオをしっかり組み、最新の撮影機材を使うことで撮影日数、時間を短縮して行います。

誰でも簡単に映像が撮れる時代です。
ただそれはただの動画。

映像とは、
シナリオ、カメラワーク、編集、音楽 全てが揃うことでひとつの作品が生まれます。

いわゆる映像制作会社さんに制作を依頼すると
企画から納品まで何人もの人が関わる事で途中で話が変わったり…
撮影日数もかかり、予算もかかり、
そして撮影スタッフも現場に多く引き連れて行います。

film and graphでは私、髙﨑 大生が
企画、監督、撮影、編集、音楽まで全て行います。


最新の機材と技術を使い、少人数(1〜3名)のスタッフのみで現場を行います。
お客さまに寄り添った動画制作、映像制作が行えるのも強みです。
またコロナの状況下少人数で撮影を行えるのは安全面から考えてもメリットは高いと考えます。

代表プロフィール

髙﨑 大生

HIROKI TAKASAKI

[企画、監督、撮影、編集、音楽と全て一貫して行えるビデオグラファー]

映画監督 紀里谷 和明氏が校長を務めた「PROSCHOOL」にて映像制作を学び2018年ビデオグラファーとして映像制作を始める。
これまでに数々の企業、店舗の映像制作を担当。
人を描きドラマティックに演出する作風が話題になり起業家、政治家など著名人の紹介映像も手がける。
自身が住む越谷市で開催されるイベント「Lake and Peace」のアフタームービーを制作、その作品は越谷市の公式YOUTUBEチャンネル、大型ショッピングモール「イオンレイクタウン」でも紹介され話題を呼んだ。
またブライダルムービー老舗会社である「シネマティックデイズ」の提携カメラマンとして年間60本以上のブライダルムービーも制作している。